胸毛の脱毛でモテ男に!いまどきの男性のマナーって?

男性の体毛のなかで女性が抵抗感を覚えることが多い胸毛。開いたシャツの襟もとから除く胸毛やプールや海で水着になったときにあわらになった胸毛に幻滅してしまった…というエピソードもよく聞きますよね。また男性の中には彼女ができてから真剣に胸毛の脱毛を考える方もいます。カミソリで剃るのは面倒だし、チクチクするのがイヤという方のなかには胸毛の脱毛を考えている方もいるでしょう。ここで男性の胸毛の脱毛について知っておきたいことをまとめてみました。

男性の胸毛あるある!もはや胸毛の脱毛は男性のマナー?

スポーツクラブの常識?男性の胸毛処理

日本人男性は欧米の男性に比べてムダ毛の処理に無頓着であると言われています。アメリカやヨーロッパのスポーツジムではワキや腕、足だけはなく胸毛やお腹の毛まで処理している人が少なくありません。「胸毛といってもチョロッと生えているだけで、脱毛するほどでも…」と考えている人もいるかもしれませんね。では胸毛を処理せずにいるとどんなデメリットがあるのでしょうか。

チョロッとした胸毛は女性目線からの意見でもNG!

日本人女性のほとんどが苦手という男性の胸毛。日本人男性の場合、外国人のようにモジャモジャと生えている人はそれほど多くないかもしれません。しかし、女性からすると「チョロッと生えている胸毛の方が抵抗感を覚える」「どうして剃らないの?と思う」と感じる人が多いのです。さわやかなイケメンなのに数本の胸毛があるだけでイメージがダウン…ということも。モテを意識したいなら、服を脱いでも堂々としていられるよう、胸毛は処理しておいた方がいいでしょう。

不衛生な印象を与える?

海外では男性でもエステサロンのワックス脱毛を受けている人が多いそう。日本よりもスポーツジムで体を鍛える人が多い欧米では胸毛やワキ毛といったムダ毛の処理をしていないと、不衛生な人というレッテルを貼られてしまうことも。もはや海外では男性の間でも、ワキ毛や胸毛の処理は常識になりつつあるのです。
日本でも「海やプールで胸毛が濡れて胸に張りついている男性を見るのがイヤ」という女性が少なくありません。清潔感のあるイメージを保つためにも、胸毛は処理しておいたほうがいいでしょう。

料金はいくらくらいかかる?おすすめの胸毛の脱毛方法とは?

カミソリでの自己処理イメージ

胸毛が気になる男性の中にはカミソリを使って自分で処理している人も多いでしょう。しかし、カミソリでの自己処理は頻繁に繰り返すとカミソリ負けやニキビなどの肌トラブルを起こすことも。またデキモノのように肌表面がブツブツになる埋没毛になることもあります。やはりおすすめはエステサロンでのフラッシュ脱毛やクリニックでの医療レーザー脱毛でしょう。それぞれがどんな脱毛方法なのか、いくらくらい費用がかかるのか見てみましょう。

エステサロンでのフラッシュ脱毛

エステサロンのフラッシュ脱毛はムダ毛の毛周期に合わせて、体毛を作り出す毛母細胞という組織がある毛根に光を当てて処理します。フラッシュ脱毛は永久脱毛効果があるわけではなく、続けているうちにムダ毛を作り出す力が弱くなり、ムダ毛が気にならなくなる「制毛」と呼ばれる状態を目指しています。
フラッシュ方式はクリニックでのレーザー脱毛に比べると威力が弱いため、脱毛効果も低いのですが、胸毛が部分的にしか生えていない方や毛量が少ないという方はメンズエステでのフラッシュ脱毛でも充分な効果が得られることがあります。

エステサロンでのフラッシュ脱毛はいくらくらい?

今、人気のメディカル美容エステサロン「メンズラクシア」では胸毛の脱毛を「胸全体」の広範囲と、胸毛が生えやすい「ポイント脱毛」の2つに分けています。胸毛の毛量に合わせて選べばより経済的に胸毛の脱毛をすることができます。

  • 胸全体の脱毛 1回14,000円、4回44,800円、8回84,000円、12回117,600円
  • 胸毛ポイント(両胸の間部分のみ)1回8,000円、4回25,600円、8回48,000円、12回67,200円

また、メンズラクシアでは胸毛ポイント脱毛が初回キャンペーン1回3000円で体験することもできます。

クリニックでのレーザー脱毛はいくら?

海やプールでも堂々!胸毛のない男性

クリニックのレーザー脱毛も脱毛の原理はフラッシュ方式と変わりません。ただし脱毛マシンの威力が強いため、少ない施術回数で、より永久脱毛に近い効果が得られると言われています。人気のクリニック・湘南美容外科の胸毛脱毛の価格を見てみましょう。

  • 胸毛Lパーツ3回コース 50,220円 月額3500円の15回払いにすることも可能
  • 乳輪周辺のSパーツ 1回6,070円湘南美容外科は脱毛を専門に行うレーザー院が全国展開しているため、予約が取りやすく男性でも通いやすいと口コミでも人気が高いようです。

乳輪付近はムダ毛が抜けにくい?胸毛脱毛のデメリットとは

脱毛効果が高い医療機関でのレーザー脱毛ですが、わずかながらデメリットもあります。それは皮膚の色の濃い部分には照射できないということ。レーザーの光はメラニン色素に反応して毛母細胞を破壊し、ムダ毛が生えてこないようにします。そのため、メラニン色素の多い乳輪付近や日焼けした肌には照射できなかったり、照射できても効果が得られなかったりすることがあるのです。
さらにフラッシュやレーザーを当てることで、乳輪部分の色素が抜けて部分的に色が薄くなってしまう場合もあるようです。時間が経てば元に戻ることが多いそうですが、100%確実に戻るとは言い切れません。多くのクリニックやサロンでは乳輪部分に照射するか希望を聞かれ、脱毛したい場合には、色抜けが起きることを承知しているという同意書にサインを求められると言われています。
またレーザー脱毛やフラッシュ脱毛は産毛が多いパーツに照射すると、かえって体毛が増える多毛化が起こる可能性もあります。まずは無料カウンセリングでムダ毛の毛質や毛量を見ながら、どの部分を脱毛するべきが、どの部分を残すべきかサロンやクリニックで相談してみるのがいいでしょう。

乳輪のムダ毛が気になるなら、針脱毛でケアしてみても

レーザーやフラッシュはその性質上、メラニン色素が多い日焼けした肌には当てることができません。またメラニン色素の薄い産毛や色素のない白髪に照射しても脱毛効果は得られません。
しかし日焼けした肌や乳輪部分のように肌色の濃い部分のムダ毛や産毛・白髪でも確実に脱毛できる方法があります。それが電気針脱毛です。電気針脱毛はニードル針を毛穴に通して電気を流して毛母細胞を破壊するという脱毛方法。フラッシュ脱毛やレーザー脱毛より痛みは強いものの、脱毛方法のなかで最も永久脱毛効果が高い方法です。
男性トータル美容エステとして老舗であるメンズTBCではこの針脱毛方法を採用しています。費用はムダ毛1本当たりの計算になり、ビジターで130~143円、メンバー価格では108~119円となっています。乳輪部分はそれほどムダ毛の本数も多くないと思いますので、気になる方は電気脱毛にトライしてみてもいいでしょう。

まとめ

女性の多くが嫌悪感を覚えると言われている胸毛。ジムやサウナで他の男性と一緒になったときにも、胸毛がなければ堂々と振る舞えるはず。「ムダ毛をきちんとケアしている男性」として、より洗練されたイメージを与えることができるでしょう。胸毛の毛質、毛量に合わせてフラッシュ脱毛かレーザー脱毛、自分に合った脱毛方法を選びましょう。冬の間にムダ毛を処理しておけば、薄着の季節やプールや海でのレジャーも存分に楽しむことができますよ!

❤脱毛したい部位別にまとめてみましたっ(´・ω・)❤

The following two tabs change content below.

莉依。(愛猫:「脱毛してない手で触らないで!)

愛猫りおたんの写真です。 女子力を高めるべく、脱毛しまくっています。 趣味・特技は気になった事があれば、それについてのネット情報を読破することです(*_ _)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。