かゆくてたまらん!!VIO脱毛後のかゆみの原因&対処法

VIO脱毛後のかゆみの原因&対処法

VIO脱毛後、デリケートゾーンがかゆくなった経験、ありますよね?

脱毛後、アソコがかゆくて仕事も手につかないほど。かなりツライ。

こんなこと誰にも相談できない。できれば病院にも行きたくない…

そうですよね、「かいちゃいけない」とわかっていても、かゆみって我慢できない。

でもそんなムズムズ・チクチクのツラ~いかゆみを抑える方法があるんです^^

今回はVIO脱毛後のかゆみの原因・対処法・よく効く市販薬までご紹介します。
あなたのストレスが少しでも軽減できますように。

VIO脱毛後のかゆみを起こす<2つの原因>

寝ててもかゆい。起きて気を紛らわそうと思っても絶対ムリ!

そうですよね、人前でボリボリかける部分じゃないし、かと言って放っておくにはもうガマンできないほどのかゆみ。
敏感肌の方は特に「かゆみ」の症状が現れやすいです。

そんな「VIO脱毛後のかゆみの原因」は何なのか?まとめてみました。

①自己処理したアンダーヘアが伸び始め、肌を刺激する

VIOのかゆみは自己処理で伸びかけた毛が原因

VIO脱毛前に自己処理しますよね?それが「かゆみ」の原因なんです。

自分でムダ毛処理した後の毛は鋭くなり、皮膚から頭を出そうとします。
その「伸び始め」の時期が一番かゆくなるのです。だいたい剃って2、3日後がかゆみのピーク。
毛が伸びきってしまえばかゆみはある程度治まりますが、それも1週間以上はかかります。

試しに硬い毛で肌をチクチクしてみてください。かゆいですよね?
これが24時間ずっと続くわけだから、かゆみがストレスになるのも当然ですよね(´・ω・`)

②VIO脱毛後の熱ダメージによる乾燥

脱毛は熱ダメージを肌に加えることによって効果を得ます。これが乾燥を引き起こし、かゆみの原因になるんです。

肌は乾燥するとかゆくなりますよね。
かくと一旦かゆみは和らぎますが、また必ずぶり返してくる。。

「VIO脱毛でアソコが乾燥→かゆい→かく→乾燥する→かゆい→かく→乾燥する・・・」この悪循環の繰り返しになってしまうんです。

しかし、「かいちゃダメだ」と思ってももうどうにもならない時ってありますよね。
そんな時に実践してほしい4つの対処法があるんです。

VIO脱毛後のかゆみを抑える<4つの対処法>

①保湿

VIO脱毛後はしっかり保湿をしよう乾燥に打ち勝つもの。それが「保湿」。

乾燥してるからと言ってベタベタに塗ってはいけません。適量は人差し指の第一関節半分くらい。
塗りすぎたクリームによってデリケートゾーンがムレると、それがまたかゆみの原因にもなります。 適量を患部に優しく塗りましょう。

保湿クリームが合わないものを使うとかぶれたりもするので、自分に合った保湿クリーム選びも大事です。
VIOはデリケートな部分なので、低刺激で肌に優しいものがベストです^^
(※後ほど市販で買えるモノ、紹介します)

②VIOの患部を冷やし、体を温めない

「体温を上げないこと」これが重要です。

かゆみを抑えるには保冷剤などを使い、冷やすことが効果てきめんなのですが、VIOは場所が場所だけに冷やしづらいですよね💦
もし冷やすことが難しいなら、せめて体を温めないようにしてください!
体が温まると血流が良くなり、それがかゆみを増幅させてしまいます。
お風呂はシャワー程度で済ませて運動は控えましょう。

③肌に優しい下着の着用

VIOのかゆみを防ぐには綿の下着を着用

かゆいときは綿100%で締め付け感のない肌に優しい下着を着用しましょう。

「そんなことで本当に軽減できるの?」と思われるかもしれませんが、コレ、かなり効きます。

化学繊維の入った、締め付け感のある下着を着用すると肌が摩擦を起こし、これがVIOのかゆみの原因にも繋がります。
ふだんのサイズよりワンサイズ大き目で、通気性の良い綿素材の下着を何着か持っておくといざという時便利です^^

私のおすすめの下着ブランドはウンナナクールです。
綿でも可愛い下着たくさんあるので覗いてみて下さい♡

④こまめに自己処理する

生えかけのチクチクがかゆいなら、生えかけの状態を作らなければいいのです。

これはカミソリ負けを作る原因にもなりかねないので胸を張ってオススメしませんが、かゆみを抑えるのには効果があります。
とは言ってもデリケートな部分なので、肌を痛めずに自己処理する自信のない人はやめましょう。

「なんでもいいからとりあえずこのかゆみを鎮めたい!!」
そんな人はコチラの「VIOの正しい自己処理の仕方」の記事を読んでから自己処理しましょう。
カミソリ負けを作らないように、慎重に丁寧に処理してくださいね^^

しかし自己処理にデメリットが多・肌トラブルが多いのも事実。
この記事に目を通して、今一度本当に自己処理すべきか考えて下さい。

陰部のかゆみに効くデリケートゾーン専用の市販薬

対処法を試しても効果がないならコレ

VIOがかゆいときの救世主「フェミニーナ」私がオススメしたいのは「フェミニーナジェル」「フェミニーナミスト」

えっ!「フェミニーナ軟膏」とどう違うの?!
  • 軟膏はクリームタイプでベタつきやすい△
  • ジェルはパウダーが配合されていて使用感もサラサラ◎

 

ムズムズかゆいのにベトベトする不快感があるのはイヤですよね。なので迷ったときは「ジェルタイプ」をおすすめします^^

「ミストタイプ」は携帯用サイズもあって、外出先でかゆみがどうしても我慢できないときにトイレでサッとシュッと使えるのでこれもおすすめです。

※皮膚科で”リンデロンV軟膏”を貰った事があって自宅にある人はこちらを使用してもOK◎

「ステロイド」がよく効くらしいけどVIOにはどうなの?

もし使おうとしている人がいたらすぐやめて下さい!

ステロイドは副作用の強い薬として有名です。
刺激がかなり強いので、Iラインなどの皮膚の薄い部分にステロイドを塗るとヒリヒリして腫れたりもします。
かゆみを抑えようとしただけなのに、もっとひどいことになってしまうかも。そうなってからでは遅いです(´・ω・`)

フェミニーナが効かなければ病院に行ってください。自己判断でステロイド配合のクリームは絶対に使わないでください。

まとめ|VIO脱毛の施術回数が増えてくると、かゆみは減る

VIO脱毛をしてかゆみの原因とおさらば

VIO脱毛は回数を重ねるうちに、毛が細く柔らかくなっていきます。
なので最初のうちはかゆくて仕方ないかもしれませんが、だんだんとかゆみも和らいでいきます。

VIO脱毛し始めの、最初のうちの「かゆみ」を今回紹介した対処法でどうにか乗り切って、かゆみとも自己処理とも永遠にオサラバできる「トラブル知らずのVIO」を目指しましょう

❤脱毛したい部位別にまとめてみましたっ(´・ω・)❤

The following two tabs change content below.

小島

脱毛ジェンヌのライターをしてます、小島と言います。脱毛サロン選びに失敗した過去があり、それからと言うものの何かを決めるときには大量に情報収集して、仕入れた情報も一度は疑います(笑)こんな私だからこそ、自分が勧めるものには自信持ってます。よろしくお願いします(^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。