Vライン脱毛とは?自己処理とサロン等の処理してもらう場合のそれぞれのメリット・デメリット

毛深い人Vラインの脱毛について。今の常識を徹底解説

海外では、古くからデリケートゾーンの脱毛が当たり前のように行われてきたといいますが、現在の日本でもデリケートゾーンの脱毛に大きな関心が集まっており、脱毛処理を行う方が増えているようです。
今回はVライン脱毛についてお話をさせて頂きますが、Vラインは皮膚が薄いため、脱毛の方法を誤るとのちのちになってトラブルが発生することも考えられる部位です。
それでは、セルフでの処理、そしてエステティックサロンや医療機関での脱毛について、それぞれのメリット、デメリットについて考えてみることにしましょう。

Vライン脱毛とは?

Vラインの範囲は意外と曖昧で、どこからどこまでの処理を行うものなのかよくわからないという方は多いのではないでしょうか?
エステティックサロンや医療機関では、「Vラインプレート」などと呼ばれる脱毛部分の指標となるものが存在していることが多く、それを気になる部分に当ててみて、はみ出している部分が脱毛の対象となります。
また、セルフで脱毛を行う場合には、ご自身が普段身につけている下着からはみ出ている部分の体毛、これがVライン脱毛を行う対象部分になると考えるとわかりやすいでしょう。
Vラインは日常的に人目に触れる部分ではありませんが、以前から毛深い体毛に悩まされている女性は特に、Vラインのムダ毛も気になることでしょう。
そして、水着を着用するときなどにVラインからムダ毛がはみ出していては、女性としてどうにもこうにも格好がつきませんよね。
そのようなときに悩みを解決してくれるのがVライン脱毛であるということです。

セルフでのムダ毛処理方法

男性でも女性でも、デリケートゾーンのムダ毛処理を他人に委ねるのはちょっと抵抗があるのではないでしょうか?
それならば、セルフでなんとかしてしまえ! ということになりますが、セルフでVラインの脱毛を行う場合には、少々危険を伴うことがあるということを忘れてはなりません。
セルフでVラインのムダ毛処理を行う方法には、カミソリやシェーバーによる処理、除毛クリームによる処理、ワックスによる処理、家庭用脱毛器による処理があります。

セルフでムダ毛処理を行うことのメリット・デメリットとは?

なんといっても、ご自身のお好きなときに処理を行うことができるという点が、いちばん大きなメリットでしょう。また、安価な費用で行うことのできるムダ毛処理方法であるという点、これもありがたいメリットですね。
ところが、前述のとおりVラインの皮膚は非常に薄く、カミソリ負けを起こしやすい、除毛クリームに配合されている化学物質に対して敏感、ワックスの刺激に対して非常に大きな痛みを感じる可能性が高いなどのデメリットも持ち合わせています。

これらの処理方法は、どれをとってもお肌への刺激が強いため、長期に渡って繰り返し行ううちにそれらの刺激による色素沈着が起こることがあります。
また、ワックス脱毛を行った際に十分なケアを行わなかった場合には、毛穴から細菌が入り込み、「毛嚢炎(もうのうえん)」というトラブルが発生することがあります。
つまり、これらのセルフ処理はできる限り行わないことが望ましいと考えることができるわけです。いち早く毛深い状態から脱出してしまいたい気持ちはわかりますが、セルフ脱毛を行う前には、まずその危険性に対する認識をきちんと持っておく必要があります。

では、家庭用脱毛器ではどうなのでしょうか?
家庭用脱毛器もまた、ご自身のお好きな時間に処理を行うことができるというメリットを持っていますが、家庭用脱毛器は出力数が弱く、エステティックサロンや医療機関のようなスピーディーな脱毛をお望みの場合には、役不足であるというデメリットを持っています。

エステティックサロンや医療機関でのムダ毛処理方法

レーザー脱毛、フラッシュ脱毛が主流となっており、セルフ脱毛よりも安全・確実に脱毛を行うことができるというメリットを持っています。
その反面、費用が高額である、時間の拘束を受けるなどのデメリットも持っています。
また、施術者の腕によってはレーザーやフラッシュの照射モレというトラブルが発生することもあります。

レーザー脱毛、フラッシュ脱毛で脱毛を行うことのメリット・デメリットとは?

レーザー、フラッシュともに、体毛の黒色に反応するという性質を持っているため、気になる部分にダイレクトに働きかけて、合理的に脱毛を行うという大きなメリットを持っています。また、これらの施術後には必ず必要なケアが行われますので、セルフでありがちなトラブルの発生は極めて少ないというのも、メリットとして挙げることができるでしょう。
ところが、これらの脱毛は痛みを伴う、費用が高額であるというデメリットを持っています。また、レーザー脱毛では約2週間後、フラッシュ脱毛では2~4週間後から効果が現れはじめるという特徴を持っているため、今すぐに毛深いVラインをなんとかしてしまいたいという方にとっては、少々じれったさを感じるのではないかと思います。

セルフでのムダ毛処理方法、エステティックサロンや医療機関でのムダ毛処理方法には、それぞれメリットもあればデメリットも隣り合わせに存在しています。
どの方法で毛深い悩みを解決するのかはあなた次第ですが、特にVラインは非常にデリケートな部分ですので、できる限りお肌への負担が少ないムダ毛処理方法を選択することを念頭に置いておきましょう。

❤脱毛したい部位別にまとめてみましたっ(´・ω・)❤

The following two tabs change content below.

脱毛ジェンヌ管理人

脱毛ジェンヌ管理人です。 最近食にこだわりすぎて食費がやばいです。 (体重が自己ベストから4キロ増えました) ❤食も、サイト運営も”上質”にこだわっています。 体もA5ランクになってきたらやばいなと、 最近こっそり着やせ&ダイエット中です・・・(´・ω・)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。