【ムダ毛の脱色する方必見】体毛を薄くしたい!併用した方が良い物とは

ムダ毛を薄くする工夫、あなたはどのような方法で行っていますか?
ムダ毛処理には、カミソリやシェーバーで剃る、毛抜きで抜く、ワックスで抜く、除毛クリームで除毛する、家庭用脱毛器で脱毛するなどのセルフ処理があります。そして、エステや医療機関でのニードル脱毛、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ワックス脱毛など、プロに任せる処理法もありますね。
そしてもうひとつ、脱毛や除毛ではなく、脱色してムダ毛を目立たなくさせるという方法もありますよ。ただし、脇の下の処理は脱色というわけにはいかないと思いますので、やはり除毛なり脱毛なりの処理が必要となるでしょう。

ムダ毛の脱色はこのような方に向いています♪

ムダ毛ケアをおススメする女性

腕や足、背中のムダ毛が気になることは気になるけれど、積極的に脱毛を行わなければならないレベルではない。このような方に向いているのがムダ毛を脱色するという方法です。
また、脱色は髪専用のブリーチ剤やオキシドールなどで行うという方法もありますが、綺麗に脱色を行いたいのであれば、ムダ毛専用の脱色剤を使用することが好ましいでしょう。

ムダ毛の脱色の【3つのメリット】

ムダ毛にサヨナラして夏を楽しむ女性

メリット1:低刺激なものが多い

ムダ毛専用の脱色剤の多くは低刺激性であるため、よほどお肌が弱い方は別途して、それほど大きな負担がお肌にかかるわけではありません。

 

メリット2:効果が長い

長期に渡って効果が継続するという点でしょう。たとえば、除毛を行った場合では、その数日後には新しいムダ毛が毛穴から顔を覗かせますが、これは案外目立つものです。また、脱毛を行ったとしても、ニードル脱毛による永久脱毛でない限り次から次へと新たなムダ毛が生えてきます。つまり、こまめな処理が必要であるということですね。
では、脱色剤ではどうなのでしょうか?一度脱色を行ったムダ毛の色が元通りの黒色に戻ることはなく、その効果は2週間~1ヶ月前後持続します。

 

メリット3:手軽に短時間で行える

背中などご自身での脱毛処理が難しい場合にも、脱色は強い味方となってくれるでしょう。特に除毛や脱毛を行う時間がないときにプールや海へ行く予定が入ってしまったとしてもとりあえず脱色で乗り切るという方法であれば安価で行うことができ、長い時間を費やす必要もありません。

ムダ毛の脱色の【2つのデメリット】

脱色のデメリットを案じる女性

デメリット1:成分によっては肌に負担が大きいものもある

髪専用のブリーチ剤やオキシドールではお肌への刺激が強いため、どれもこれもお肌への負担が大きくなります。また、脱色剤の成分に対してお肌が過敏に反応する方も存在しています。この方法で脱色を行うのであれば、除毛や脱毛時にかかるお肌への負担とほぼ同レベルの負担がかかると考えて間違いはありません。

デメリット2:毛量が多い人には不向き

もともと毛の量が太くて多い方には向きません。このような方が脱色を行うと確かにその場でムダ毛は目立たなくなりますが、光が当たる角度によっては金色のムダ毛がモッサリとして見え、少々異様な雰囲気を醸し出してしまうことがあるかもしれません。

脱色剤を使ってみる前に【注意すること】

脱色剤で注意すべき点は?

まず、脱色を行いたくない部分に脱色剤が付着してしまわないよう、十分に注意を払う必要があります。また、脱色剤の使用後には必ず保湿を行い、お肌を保護することが大切です。
低刺激性の脱色剤であればお肌への刺激が弱く、比較的トラブルを起こしにくいと考えられていますが、それでも万が一炎症や痒みなどのトラブルが起こってしまったら、脱色剤の使用を中止し、数日間様子を見ます。ここで、トラブルの改善が見られなかったり悪化してしまったりした場合には、迷わず皮膚科や美容皮膚科で診察を受けましょう。
また、脱色剤を十分に流しきれてない状態だと炎症や痒みなどの症状が起こることがあります。脱色剤の塗布から洗い流しの時間は必ず守り、指定の時間が訪れたら、やや低めのぬるま湯で薬剤を完全に洗い流して下さいね。

ムダ毛を根本的に薄くするには?

やはり、除毛や脱毛での処理が必要となるでしょう。これらの処理はこまめに行う必要がありますが、特に除毛の場合その場でムダ毛をなくしてしまうことができるというメリットを持っています。
また、脱毛は長期に渡る時間を必要とすることをはじめとして様々なデメリットがありますが、長年濃いムダ毛に悩まされている方にとっては、最終的に行き着くのが脱毛処理となることが少なくはないでしょう。つまり、もともと濃く太いムダ毛が気になる方は、脱色ではなくはじめから除毛や脱毛処理を選択することが望ましいということです。

抑毛剤を一緒に併用しましょう

抑毛ローションを一緒に使う

毛根に働きかけて、体毛の成長を遅らせる作用を持っているのが抑毛剤です。除毛や脱毛処理を行ったあとに抑毛剤を使用することにより、時間はかかりますが徐々にムダ毛を薄くすることができます。ただし、抑毛剤の効果の現れ方には個人差が生じますので、気長に使用し続ける必要があります。

❤脱毛したい部位別にまとめてみましたっ(´・ω・)❤

The following two tabs change content below.

莉依。(愛猫:「脱毛してない手で触らないで!)

愛猫りおたんの写真です。 女子力を高めるべく、脱毛しまくっています。 趣味・特技は気になった事があれば、それについてのネット情報を読破することです(*_ _)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。