こんなにあったカミソリ負けの原因!カミソリ負けは予防できます!

毎日ヒゲ剃りを行う男性はもちろんのこと、カミソリやシェーバーでムダ毛処理を行っている女性にも現れやすい症状、それはカミソリ負けです。
カミソリ負けにはいくつかの原因があり、その原因を取り除くことによってあっさりと解決してしまうことがありますので、まずはその原因を知り、正しい解決策を見つけ出しましょう。

お肌の状態が原因となって起こるカミソリ負けとは?

お肌が乾燥しているがゆえになりやすいカミソリ負け

特に冬場になるとお肌がカサカサして、どうかすると粉を吹いたような状態になる、あるいは、季節を問わず入浴後や洗顔後にお肌が突っ張りやすいという方は、いわゆる乾燥肌であると考えることができます。
乾燥肌の原因には、加齢やホルモンバランスの崩れによるターンオーバーの乱れ、洗浄成分の強い石けんや洗顔フォームの使用によるものなどがありますので、まずはできる限り乾燥肌の改善に努めることが先決でしょう。
また、お肌が乾燥したままでカミソリやシェーバーでムダ毛処理を行ってしまうと、痒み、痛み、出血などのカミソリ負けの症状が現れることがあります。

濡らさず乾燥したお肌ではカミソリ負けに

乾燥肌の方がカミソリやシェーバーでムダ毛処理を行う際には、お風呂や蒸しタオルなどで体毛を温めて柔らかくし、シェービングクリームやシェービングジェルでお肌の摩擦を少ない状態にしておいて下さい。
また、処理後にはシェービングクリームやシェービングジェルを完全に洗い流し、保湿ローションや保湿クリームなどで保湿することをお忘れなく。これにより、かなりの確率でカミソリ負けを予防することができます。

敏感肌体質で金属やシェービングクリーム等のアレルギーによるカミソリ負け

そしてもうひとつ、感肌(アレルギー肌)により、カミソリ負けが起こることがあります。この場合では、お肌がどの物質に対して過敏な反応を示すのか確認しておく必要があります。
処理後に赤味、痛み、痒み、湿疹やじんましんなどが現れたのであれば、使用したシェービングクリームなどを持参して皮膚科で受診して下さい。
敏感肌の場合では、使用したカミソリなどの金属や薬品などの物質が原因となっていることも少なくはありません。

生理によって起こるカミソリ負け

女性の場合では、生理中や生理の前後にカミソリ負けが起こりやすくなることがあります。それは、生理によって一時的にホルモンのバランスが崩れ、お肌が敏感な状態になっているからです。
この時期にカミソリ負けが起こりやすいという方は、ひとまずムダ毛処理を中止し、生理が終わるまで待ちましょう。

深剃り、逆剃りが原因となって起こるカミソリ負け

特に濃いヒゲを処理している男性に多く見られるのが、ヒゲ剃り痕から血が滲み出しているような痛々しいカミソリ負けです。
この状態が起こるおもな原因は、力を入れて深剃りや逆剃りを行うことにあります。
このどちらも表皮の組織を傷つけてしまうためカミソリ負けが起こりやすくなりますが、特に逆剃りは表皮を削り取ってしまうため、同じ場所を何度も逆剃りすることによりカミソリ負けだけではなく、色素沈着が起こる確率も高くなります。
逆剃りは確かに綺麗にムダ毛を処理することのできる方法ではありますが、繰り返し行っているうちにお肌は荒れ放題、取り返しのつかない状態となってしまうことも少なくはありません。
カミソリ負けを予防するためには、深剃りや逆剃りは極力行わないことです。

カミソリやシェーバーの刃が古くなっていることによって起こるカミソリ負け

錆びた物を使うとカミソリ負けの原因に

案外多いのが、カミソリやシェーバーの刃が古くなって、切れ味が悪くなっていることが原因となって起こるカミソリ負けです。
切れ味が悪くなると、どうしても必要以上に力が入ってしまうことが多く、それがお肌を傷める原因となります。
特に浴室や洗面所などは湿度が高く、刃物が錆つきやすい環境となっていることが多いものですが、錆は刃物の切れ味を鈍らせるだけではなく、金属アレルギーを誘発する原因となることもあります。
また、古くなった刃には黄色ブドウ球菌などの細菌が発生しやすく、これらが毛穴から入り込むと思いもよらぬ炎症が起こることがあります。
このようなトラブルを予防するためにも、少し早いかな? と感じても、カミソリやシェーバーの切れ味が悪くなったと感じたのであれば、できる限り早い段階で新しい刃と交換しましょう。

ムダ毛処理の前後が肝心です

上記でも少し触れていますが、カミソリやシェーバーでムダ毛処理を行う際には、石鹸ではなく、必ずムダ毛処理用のクリームやジェルを使用し、お肌を保護して下さい。
そして、アフターケアとして必ず保湿を行います。
普通肌の方であれば、一般的な保湿ローションや保湿クリームなどで十分に対応することができますが、乾燥肌や敏感肌の方の場合では、人体への刺激が少ないオリーブオイル、ホホバオイル、ココナッツオイルを配合している保湿ローションやクリームの使用がおススメです。
また、これらのオイルは化学物質を含まない状態のキャリアオイルとしても販売されていますので、お肌の保湿に上手に役立ててみてはいかがでしょうか。

❤脱毛したい部位別にまとめてみましたっ(´・ω・)❤

The following two tabs change content below.

脱毛ジェンヌ管理人

脱毛ジェンヌ管理人です。 最近食にこだわりすぎて食費がやばいです。 (体重が自己ベストから4キロ増えました) ❤食も、サイト運営も”上質”にこだわっています。 体もA5ランクになってきたらやばいなと、 最近こっそり着やせ&ダイエット中です・・・(´・ω・)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。