どちらがホント?脱毛するとわきがになる・わきがが治る?

自己処理が面倒なワキの脱毛をするとワキガになる…。そんな話を聞いたことはありませんか?脱毛サロンでの脱毛やクリニックでの医療レーザー脱毛を考えている人でもワキガになることを考えたら躊躇してしまいますよね?しかし、これとは正反対に脱毛をするとワキガが治るという意見もあります。本当のところ、どちらが正しいのでしょうか。

脱毛をするとわきがになる?ワキガが治る?2つの説を検証

脱毛してワキガになる?ワキガが治る?

せっかくムダ毛がなくなって、ワキがツルツルになったのにニオイが強くなってしまった…。脱毛経験者のそんな意見を目にすることがあります。いくらツルツルでも臭うなんて女性としては絶対避けたいところ。まさに一難去ってまた一難!という感じですよね。医師の声を中心にその真偽を調べてみました。

脱毛するとわきがになるという説はホント?

脱毛してツルツル肌になったのにワキガに?!

結論から言うと脱毛後、ワキガになるという説は間違いです。このように感じる人が多いのは脱毛後、汗の量が多くなったように感じるため。汗のニオイをワキガと誤解して心配する人が多いのです。ムダ毛があるときや毛穴のブツブツがあるときは肌の表面積がその分大きくなります。このことで、汗が肌に留まりやすくなっているので、汗が流れ落ちるような感覚はほとんどありません。しかしフラッシュ脱毛やレーザー脱毛でムダ毛がなくなり、ブツブツも解消して肌の凹凸がなくなると、その分、脇汗が流れ落ちるように感じてしまうのです。また「ワキが臭うかも?」と心配していると、精神的発汗といって余計に汗をかくことがあります。脱毛後、ワキガ専門のクリニックを訪れる人はこのようなケースが多いと言われています。

脱毛はニオイを軽減してくれる効果もある?

汗を分泌する汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があります。このうち、ワキガの原因となる臭いのある汗はアポクリン汗腺から分泌されています。ワキの雑菌は毛穴に付着していることが多く、これらの雑菌がアポクリン汗腺から分泌される皮脂やたんぱく質をエサにして繁殖し、さらにニオイを強めています。脱毛することでムダ毛がなくなると、雑菌が付着できる表面積が狭くなります。こうしてアポクリン汗腺の出口が狭くなり、結果的に雑菌の繁殖も抑えられてニオイも軽減する可能性が高いのです。

脱毛するとわきがが治るというのは本当?

雑菌の繁殖が抑えられることで、軽い症状であればワキガが治るように感じる人もいます。しかし、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛をすればワキガが治ると過剰に期待するのは禁物です。ワキガ体質の方が脱毛とワキの汗を同時になんとかしたいというのであれば、針脱毛がオススメです。針脱毛は、脱毛すると同時にエクリン汗腺とアポクリン汗腺の一部を凝固させる汗腺電気凝固法という方法を用いるので、多汗やワキガの軽減効果があると言われています。ただ針脱毛は料金も高く、痛みが激しい脱毛方法です。ワキガの悩みを解消したいのであれば、美容外科やワキガ専門のクリニックで先にアドバイスを受けるべきでしょう。

脱毛後、ワキガになったと感じるときには?

脱毛した後の臭いを心配する女性

脱毛後、ワキガの臭いが強くなったと感じる場合、原因として考えられるのは毛穴に詰まった皮脂や垢が酸化して臭いを引き起こしているケースです。ワキの肌をチェックして小鼻の皮脂栓のように白いものが詰まっていたら、要注意。そのままにしておくと臭いが強くなることもあるので、美容皮膚科などで毛穴の汚れを除去してもらう処置をお願いしましょう。またワキの汗を抑えるために肌に留まりやすい、ワキガ用のロールオンタイプのデオドラント剤を使うのもオススメです。ワキガが気になるけれど、ワキガの手術をするのは怖い…という人は、一定期間臭いを抑えることができボトックス注射を打つ治療方法を試してみてはいかがでしょうか。脱毛後のワキガは精神的発汗によるものも多いので、対照的治療法であるボトックス注射を打って落ち着くまで様子をみるという方法もあります。

まとめ

脱毛はあくまでムダ毛をなくすための処理であって、ワキガの治療とは異なります。過度の期待は禁物ですが、軽度のワキガや匂いであれば、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛で軽減するケースが多いのも事実です。ひどいワキガではないけれど、臭いが気になる…という方はワキの脱毛を考えてみてもいいかもしれませんね。

❤脱毛したい部位別にまとめてみましたっ(´・ω・)❤

The following two tabs change content below.

莉依。(愛猫:「脱毛してない手で触らないで!)

愛猫りおたんの写真です。 女子力を高めるべく、脱毛しまくっています。 趣味・特技は気になった事があれば、それについてのネット情報を読破することです(*_ _)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。