中学生でも脱毛はできる?脱毛方法別に詳しく解説してみた

中学生でも脱毛できる?おすすめの脱毛法

思春期いわゆる中学生ぐらいになると体型の変化や体調の変化を自分自身で身をもって体験することになります。
これは体が順調に成長している証でもあり、大変喜ばしいことなのです。

しかしそれと同時に成長による自分の体の変化に対して敏感になる年頃でもあり、 様々な悩みや問題が起こってしまうこともあります。
その問題の一つにあげられるのが「ムダ毛の問題」です。

そこで今回は成長期特有のムダ毛問題とその対策について話していきたいと思います。

中学生のムダ毛の悩みと対策について

中学生のムダ毛の悩みは深刻

小学生5、6年から中学生ぐらいになると体が徐々に子供から大人に成長しますが、女の子は男子より成長期に突入するのが早く、その中でも個人差はありますが最も悩みとなる問題が腕や足、脇など様々な部分からムダ毛が生えてきてしまうこと。

とくに毛が濃い子供は周りからからかわれる対象となりやすく、楽しかった学校や体育のプールの時間などが憂鬱なものへと変わってしまいます。

そこで対策としてムダ毛処理しようと誰もが考えるのが「脱毛」という選択だと思いますが、中学生のような若い年から脱毛をして良いのか否かという疑問が子供だけではなく、その子の親にもあると思います。

しかし私の個人的な見解から申しますと、ムダ毛は字のごとくムダなものなので悩んでいるのなら処理してしまった方がいいという考えなのですが、問題はその脱毛方法の選択にあると思います。

この脱毛方法の選択を誤ってしまうと体を傷つけてしまったり、効果が無いまま悩み続けることになってしまいます。
そのことからココからはどのような脱毛の選択肢がありどのような効果が有るのか、コストはどれくらいなのかを話していきます。

ではどのような脱毛方法があるのか

剃る

中学生が除毛する方法「カミソリ」

まず脱毛の方法で一番多くの人が選択しているのがカミソリや電気シェイバーなどを使用して自分で毛を剃る選択肢だと思います。

この方法は一番手軽で簡単にできる方法ですが、カミソリで肌を傷つけてしまう可能性があります。
処理後も消毒をしないと毛穴からバイ菌が入る可能性も十分考えられ、しばらく経てば結局毛が生えてきてしまう為、根本的な解決にはなりません類似した処理の方法で毛抜きも同様に同じことが言えます。

またコストも一見かからなそうですが、将来的なことを考えると永久に自己処理しなければいけないためコストがかからないとは言えません。

除毛クリーム

中学生が使う除毛クリーム

次にムダ毛処理の方法にあげられるのが除毛クリームという選択肢です。

除毛クリームは気になる部分に塗布し、しばらく経ってからその部分を拭き取るかシャワーで流せばそのままムダ毛も抜けて肌をツルツルの状態にしてくれます。
カミソリのように刃物を使うことがないので肌を切ってしまう心配はありませんが人によりクリームの成分が合わず肌が荒れてしまったり、臭いがキツイものもあります。

その一方最近では肌対策がなされた商品や良い匂いの物もあります。
しかしカミソリ同様根本的な解決にはならないため、しばらく経つとまた生えてきてしまい使用を続けなければいけないため、コストは永久的にかかってしまいます。

家庭用フラッシュ式脱毛器

コスパもいい家庭用脱毛器がおすすめ

その次にあげられるのが家庭用フラッシュ式脱毛器です。

フラッシュ式脱毛器というのはレーザーを毛根に照射しムダ毛を生えてこなくするというもので、これはエステなどで使われている脱毛器と同じ方法で脱毛ができるというものです。
ただエステで使われているものは取扱資格を持っていなければならない為、市販されている商品は一般の方も使用できるようにレーザー出力が下げられています。

使用方法は使用前に気になる部分を冷やしてから照射し、照射後はもう一度肌を冷やし、化粧水などで保湿ケアすればいいだけなので非常に手軽と言えます。

家庭用脱毛器は中学生でも手軽に使える

しかし強力な光を照射するため使い方を間違えると肌をやけどしてしまう可能性もあり、基本的に未成年向けに販売していない為、大人の監視のもと使用するか補助してもらう必要があります。
またこのフラッシュ脱毛器は腕や脚、脇などムダ毛が濃い部分に効果を発揮する反面、眉毛を始めとした顔の毛や指毛、胸毛など産毛程度にしか生えてこない場所での効果は期待できないのでそのことを理解しておきましょう。

そして脱毛にかかるコストですがカミソリや脱毛クリームなど何百円単位で買えるものとは違い値段にすると何万から何十万するものもあり、コストとして非常に高いと考えがちです。
しかしカミソリや除毛クリームとは違い、買ってしまえば永久に使えることになり、自分のみならず母などの家族や友達などみんなで使うことができるので先行投資として考えておきたい選択肢です。

脱毛サロン

中学生にとって一番コスパが良い脱毛法

最後がエステなどの脱毛サロンで脱毛をする選択肢です。

一見「子供にエステなんて・・・」と言われると思いますが、ムダ毛はほっておいても自然にはなくなりません。
「大人になってから通えばいいのでは・・」という考えもあるとは思いますが、中学生というのは女性ホルモンが活発化し、ホルモンバランスも崩しがちなので一つの悩みに対して大変敏感になります。

そんな中ムダ毛というのは大きな問題です。
そこで一番即効性がありムダ毛に効果があるのがやはりプロのいる脱毛サロンなのです。

脱毛サロンならば担当者がムダ毛に対して自分が抱えている悩みや質問にも親身になって回答してくれるのと施術後のアフターケアも行ってくれます。

ちなみにサロンによって年齢制限がありコストも部位や範囲、毛の濃さで施術回数もマチマチなのでよく調べる必要がありますが、確実に効果がある選択肢はこの方法だと思います。

それぞれのオススメ

ココからは今までの話を踏まえて、抑毛効果がない「剃る」・「除毛クリーム」をはぶき、
抑毛効果がある「家庭用フラッシュ式脱毛器」・「脱毛サロン」それぞれのオススメしたいものを紹介していきます。

オススメの家庭用脱毛器

中学生におすすめの家庭用脱毛器・ケノン

【ケノン】
従来の一般的な脱毛器は本体を丸ごと持ちながら取り扱わなければならなかったため、操作性に問題がありましたが今回オススメしたいケノンは本体と操作ハンドルが別れていて女性でも操作が簡単になっています。

またレーザーの照射レベルも10段階で調整でき自分の肌に合わせて使用することもできます。
価格は今現在6万9900円と決して安いとはいえませんが中学生の娘さんのみならず、お母様、お父様の髭の脱毛など親子で使用することができるのでオススメの商品となっています。

脱毛器ケノン

オススメの脱毛サロン

 

【ミュゼ】
脱毛サロンという選択肢を選ぶと、次に問題となるのが数ある脱毛サロンの中でどの脱毛サロンを選ぶかということになります。
そこでオススメしたいのが「ミュゼプラチナム」です。

ミュゼプラチナムは脱毛前の無料カウンセリングや低価格のお試しプランがあるため、実際試してみて自分に合うかの判断をすることができます。

またスマートフォン用公式アプリも導入しているため、サロンの情報や24時間いつでも予約することができ、その手軽さは他のサロンにはない強みでもあります。

価格は脱毛する部分、効果など人それぞれなので安いか高いかの判断はできませんが、カウンセリングの際に金銭面の相談をしてからの判断も可能です。

ミュゼプラチナム

※16歳未満の方は「両ワキ+Vライン通い放題」ではなく、「両ワキ+Vライン1年6回コース」になります。

以上を踏まえてどの方法が中学生には一番良いのか

脱毛サロンでプロの手を借りて脱毛しよう

以上のことを踏まえ実際に中学生にはどの方法がいいのかというと、やはりプロが施術をしてくれる脱毛サロンだと思います。

しかし金銭面や何回も通わなくてはいけない脱毛サロンは無理だというご家庭もあると思います。
そのことを考えるとご家庭で脱毛器を購入し家族全員で好きな時間に使用できる家庭用脱毛器の方が経済的にも優しく効果も期待できるのでこの選択肢がベストだと思います。

また毛の濃さは遺伝的な要素が非常に大きく、生まれたときから将来の毛の量を予測することもできるので、そのことを予想し少しずつ貯蓄しておくことが選択肢の幅を広げることにもなります。

いかかでしたか?脱毛サロンなら無料カウンセリングもあるので一度足を運んでみて下さい。

ミュゼプラチナム

❤脱毛したい部位別にまとめてみましたっ(´・ω・)❤

The following two tabs change content below.

小島

脱毛ジェンヌのライターをしてます、小島と言います。脱毛サロン選びに失敗した過去があり、それからと言うものの何かを決めるときには大量に情報収集して、仕入れた情報も一度は疑います(笑)こんな私だからこそ、自分が勧めるものには自信持ってます。よろしくお願いします(^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。