脱毛の「月額」とは?月額制と回数制のメリットデメリットのまとめ

脱毛エステに「月額」というものがありますがどのようなものなのでしょうか。また回数制とはどのような違いがあるのでしょうか。以下のツイートのようにわからない方は多いようですね。

最近よく聞くようになった月額制ですが、魅力の感じ方は人それぞれでしょう。ではわかりやすく解説するために月額制と回数制のメリットやデメリットや口コミからの情報をご紹介していきます。

脱毛の「月額制」とは?

月額制は支払がラク

最近では脱毛エステに「月額制」というコースプランが登場しました。その名の通り施術代金を月ごとに支払っていく料金システムなので、高額な全身脱毛の支払いによるお金の負担を軽くできるのが魅力でしょう。主には全身コースの支払いのために作られましたが、中には銀座カラーのように全身プランだけでなく部位ごとの脱毛にも月額制を採用しているところもあって便利ですよね。現在では月額制で勧誘するサロンが多いのも特徴でしょう。

やめたいときにやめられる

月額制は回数が固定されておらず、毎月一定額を支払えば自分が満足するまで脱毛を続けられるのが大きな特徴です。支払い回数を自分で調節できるのが魅力でしょう。特に全身脱毛はあらゆるパーツを一度に脱毛していくので、パーツ・毛量・毛質などの個人差によるムダ毛の減り方にムラができてしまいます。そのようなとき自分が終わりたいときに即やめられる月額制なら費用をムダにせずに済むので便利ですよね。

回数制プランを分割支払いにして「月額制」と呼ぶサロンもある

中には回数制の支払いを分割支払いにし「月額制」と呼ぶ脱毛サロンもあります。回数パックプランは契約時に全額支払うことになり、負担が大きいので分割支払いできるとラクですね。月額制ではなく回数契約しローンを組む方法もありますが、金利がついてしまうなど金額が上がってしまうデメリットもあるので、回数コースを分割支払いにした月額制は金利がない場合もあるので魅力でしょう。

月額制のメリットデメリットと口コミ

月額制脱毛のメリットデメリットや口コミ

月額制のメリット・デメリット一覧

月額制のメリットとデメリットをまとめてみました。いろいろありますが、大きく分けると以下のようになります。

メリット

デメリット

・月々の支払い負担が軽くなる
・自分の望むタイミングで終了できる
・通い続けると出費が増える可能性がある
・脱毛しなくても毎月の支払いが発生する
・キャンセルできない可能性がある

口コミでも評判。月額制でおすすめのサロンとその理由

月額制のサロンと言っても実にさまざまな特徴があります。脱毛エステ選びのポイントは広告金額や脱毛料金の総額や月額ではなく、全身を1回脱毛したときの単価なので計算して割り出してみました。効果の違いはほとんどなないので、他にも脱毛回数などや違約金など内容重視で選ぶのがおすすめなので比較してみましょう。

料金ランキング おすすめする理由
【1】シースリー ・全身1回あたり12,962円と安いのでお得
・最新機種導入で全身を1回で脱毛可能。
・やめたいときに自由にやめられる
・予約の時間までにキャンセルの連絡すればペナルティなし

・シェーピング無料

【デメリット】

・全身1回の脱毛に4回通わなければならない

・I、Oラインはシェーバーを持参しなければならない

・無断の遅刻で1回分消化

【2】銀座カラー ・全身1回あたりの値段16,500円
・1回の施術で全身の脱毛可能
・回数制を分割支払いにしたタイプ
・初回10回分までの分割支払いの金利や手数料はサロン側が負担!

・前日19時までの連絡でキャンセルペナルティなし

【デメリット】

・中途解約するときは解約金が必要になる

・基本的にはシェーピングサービスなし

・うなじ、背中、腰、ヒップ、Oラインはシェーバー持参

・無断や当日キャンセルで1回分消化される

・遅刻すると施術時間短縮または施術できない可能性がある

【3】エタラビ ・全身1回あたり17,593円
・回数制を分割支払いにしたタイプ
・前日19時までならキャンセルのペナルティなし
・VIO以外の部位については無料シェービングしてもらえる

【デメリット】

・店舗ごとに料金が違うというウワサもあるので注意!

・全身1回の脱毛に4回通わなければならない

・中途解約するときは解約手数料が必要になる

・無断、当日キャンセルともに2000円支払いのペナルティ

・前日19時以降のキャンセルは1000円のペナルティ

・遅刻すると施術時間短縮または施術できない可能性がある

【4】キレイモ ・全身1回あたり19,000円
・2回の施術で全身の脱毛可能
・やめたいときに自由にやめられる
・顔のムダ毛の施術範囲が広い

【デメリット】

・4つの中では一番高額!

・背中、うなじ、ヒップ、Oラインのシェーピング1000円

・月額制は予約の変更やキャンセルで1回分消化される

・遅刻すると施術時間短縮または施術できない可能性がある

回数制のメリットデメリットと口コミ

回数制のメリット・デメリット一覧

続けて回数制のメリットとデメリットをまとめてみました。いろいろありますが、簡単にまとめると以下のようになったのでチェックしてくださいね。

メリット デメリット
・総合的な支払額が明確で安心
・自分のペースで通える
・一度の支払い負担が大きい
・自分にぴったりの回数で脱毛できない

回数制の脱毛プランには通常保証期間や回数がありますが、中にはスタッフに相談して延長してもらえることもあるそうです。妊娠する可能性がある方は比較的融通の利きそうな回数プランのほうが向いていると言えますね。自分のペースで通えるとは言っても保証期間には注意してください。

回数制でおすすめのサロンとその理由。口コミでも人気です!

回数制の脱毛サロンのをおすすめする理由も実質的な料金の安さでしょう。予約のキャンセル料やシェービング代は個々に違うのでチェックです。また違約金は発生しなくても残りの脱毛回数分の料金に応じて解約手数料を取られるのが共通のデメリットなので把握しておいてくださいね。

料金ランキング

おすすめする理由

【1】シースリー

・12回コースで全身1回あたり13,532円と安いのでお得。料金の高さで有名なミュゼと比較すると25,000円くらいの違いが!
・6回コースだと21,991円で4番目の安さ
・契約後8ヶ月後、14ヶ月後の後払いがある
・分割支払いの金利や手数料0円

・来店時間までに連絡すれば回数の消化やキャンセル料の支払いなし

・シェーピング無料

【デメリット】

・来店時間までに連絡しないとき回数契約の場合は1回分消化

・無制限プランの場合はキャンセル料3000円の支払いが必要

・I、Oラインはシェーバーを持参しなければならない

【2】脱毛ラボ

・12回コースで全身1回あたり16,202円
・6回コースだと19,961円で3番目の安さ
・キャンセルするなら前々日までに連絡すればペナルティなし

【デメリット】

・一括払いか2回分割払いのみ

・キャンセルに対して厳しく前日キャンセルは1000円の支払い発生

・当日キャンセルで1000円の支払いと1回分消化される

・遅刻すると施術時間短縮または施術できない可能性がある

・シェーピング有料。VIOは1500円、それ以外は1000円

【3】キレイモ

・12回コースで全身1回あたり16,361円
・6回コースだと19,000円で2番目の安さ
・前日までに連絡すればペナルティなし
・背中、うなじ、ヒップ、Oラインはシェーピング0円

【デメリット】

・当日のキャンセルは無断も含み1回分消化される

・遅刻の場合脱毛時間が短くなるか施術してもらえない

【4】銀座カラー

・239,000円で期限回数無制限コースだから脱毛するほどお得に♪仮に12回だけ脱毛したと仮定すると全身1回あたり19,917円
・6回コースだと16,500円で安さ№1
・最初の10回分までの分割支払いの金利や手数料0円
・前日の19時までに連絡すればペナルティなし

【デメリット】

・基本的にはシェーピングサービスなし

・うなじ、背中、腰、ヒップ、Oラインはシェーバー持参

・無断や当日キャンセルは1回分消化される

・遅刻では施術できないか施術時間を短縮される可能性あり

月額制・回数制はこんな人に向いている!

月額制脱毛と回数制の向き不向き

脱毛予算や費用、支払方法や脱毛箇所やムダ毛の濃さなどによって月額制が向いているのか、それとも回数制かは変わってきます。本当に納得いく脱毛をするためにも下の表を使って自分が希望する条件の料金プランを選択するのがベストですよ。

月額制 回数制
とにかく値段!安く脱毛したい

シースリー

費用をムダにしたくない
支払い方法は分割を希望!

シースリー・銀座カラー

決まった日に通えないかも…
予算内で脱毛したい
剛毛だ

銀座カラー

月額制と回数制の脱毛にはそれぞれメリットデメリットがあります。どちらがいいのかは個々に異なるので自分に合ったコース料金のサロンを選んでくださいね。

❤脱毛したい部位別にまとめてみましたっ(´・ω・)❤

The following two tabs change content below.

莉依。(愛猫:「脱毛してない手で触らないで!)

愛猫りおたんの写真です。 女子力を高めるべく、脱毛しまくっています。 趣味・特技は気になった事があれば、それについてのネット情報を読破することです(*_ _)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。