Iライン脱毛の自己処理失敗談と後悔しないための脱毛方法

自己処理の難しいIライン脱毛に後悔の声続出!アンダーヘアは濃いうえパーツも狭く目視しながら処理できないため、失敗談は尽きないのが現状です。ではどのように処理したらいいのでしょうか。セルフケアでは100%満足できるような処理をするのが難しいので、少しでもいい脱毛ができるよう探ってみました。

「後悔…」と経験者の口コミ多数。Iラインの自己処理の失敗談

Iラインの自己処理の失敗談と経験者の後悔 Iライン脱毛の方法としてまず思いつくのが自己処理です。デリケートなパーツなので極力自分でお手入れしたいと思う人も多いはず。しかし実際にはじめてみるとトラブル続き…なんてことにもなりかねません。まずはリアルな声をお伝えするため実際の失敗談を一部まとめてみました。

  • カミソリを使ってIラインの除毛をしてみたけど、誤って肌を切ってしまいナプキン使用することに
  • ハサミを使ったあとは毛がチクチクなる
  • 時間がかかるヒートカッターをアンダーヘアの処理に使用しても100%チクチクになるのを予防することができない
  • 家庭用の脱毛器ならIラインでトライしてみたものの、脱毛する前よりも硬い毛が生えてきたような…
  • Iラインの自己処理で皮膚の色が他の肌より黒くなってしまいました…
  • 毛抜きで埋没毛にや毛嚢炎に

体験談からもわかるようにIラインの自己処理はすごく難しいもの。剃ればチクチクになって手触りが悪くなったり、肌荒れを起こしてしまったり、すぐに生えてきたり。抜けば痛く硬い毛が生えてくるし、切ってもチクチクに…

またもともと敏感肌でデリケートなパーツなので黒ずみや色素沈着を起こしてしまい、見た目も汚らしくなってしまいます。しかし極力Iラインの毛はないほうがキレイですし、清潔に見えるので処理したいところでしょう。ではどのような処理方法が最適なのでしょうか。注意点とともにご紹介しましょう。

ハイジニーナでパイパン?Iラインに最適な脱毛方法は?

ハイジニーナでパイパン?Iラインの脱毛方法 Iラインの脱毛は自己処理では満足できません。そこでおすすめなのが脱毛エステサロンやクリニック脱毛です。全般的にデリケートゾーンは皮膚が弱くアンダーヘアが濃い場所なので、サロンでの施術で痛みを強く感じてしまいますが、一度処理すればムダ毛のない美しい状態をキープできます。

わからないことはサロンで質問すれば回答してくれるので安心ですよ。キャンペーンを利用すれば安い料金でコースを組めることもあるのでぜひ試してみてくださいね。またIラインと他部分の脱毛との兼ね合いを交えながらまとめてみたのでチェックしましょう。

できればレーザーやブラジリアンワックス脱毛よりもフラッシュがオススメ

Iラインの脱毛はフラッシュがベスト

脱毛クリニックのレーザー施術は効果が高いものの、痛みが強いので少し大変かもしれません。もちろんエステのフラッシュ脱毛も痛みはありますが、レーザーと比較すると光が弱いので、そのぶん痛みも弱まりますよ。またブラジリアンワックス脱毛は痛いわりに永久脱毛できないというデメリットがあります。

どちらも痛みに強く反応しやすい方法なので少しでも痛みを軽減し、永久脱毛できるエステがオススメです。より痛みを低下させるためには保湿をしっかり行うといいでしょう。保湿すると痛みが和らぐだけでなく、より脱毛効果が高まり永久脱毛の可能性もアップします。

IラインはつるつるでもいいけどVゾーンは?

Iライン脱毛とVライン脱毛は一緒に

Iラインのムダ毛はないほうがいいので0本目指して脱毛してしまいましょう。夫や彼氏とのスキンシップのとき「つるつるすぎてしまうと不自然に思われないか…」と心配する方もいます。 しかし男性は「Iラインのムダ毛はないほうがいい」という方が多数なので、キレイに処理しておいたほうがパートナーに喜ばれますよ。

また水着になるときに陰毛がはみ出してしまう心配もなく処理もいらないので非常にラクになるのも魅力でしょう。多くの方からもIライン脱毛は必要だという回答があったので、やはり処理しておくべきですよね。

IラインはつるつるでもいいけどVゾーンは?

Vラインは毛量を調節し、形を整えることをおすすめします。ボサボサの状態ではアンダーヘアが濃く、だらしなく見えてしまうので注意しましょう。Vラインを薄くするためには全体に脱毛器を3回程度かけ、様子を見ながら好みの量までヘアを減らしていくとキレイに仕上がりますよ。

あらかじめどの程度まで毛量を減らすのかをしっかり決めておくとVライン脱毛は成功しますよ。また形はサロン側で用意しているので好みのものを選びましょう。

ではハイジニーナでパイパンはどう?

Iライン脱毛だけでなくハイジニーナ脱毛をしてしまえば陰毛処理の心配がなくなるからすごく便利かも!そう思う方もいるでしょう。中にはパイパンを好む男性もいるので喜ばれるかもしれません。

しかしナチュラルを好む男性は、パイパンをあまり好まない傾向があります。中にはアンダーヘアが濃いほうが好きだという方もいるので、気楽にパイパンにしようとするのは少し安易すぎるのかもしれませんね。男性の意見もいろいろなのでハイジニーナ脱毛をするときにはしっかりと考えてからにしましょう。

またデリケートな粘膜付近にあるOラインをすべて脱毛してしまうのもトラブルの原因になりかねないので注意が必要です。Oラインのムダ毛は粘膜を保護する役割をしているので、気軽に施術することは避けたほうが無難だと言えます。

一度エステやクリニックで脱毛処理してしまうとアンダーヘアは戻ってこないので、しっかり考えて脱毛しましょう。しかしVラインとIラインは水着や下着からのはみ出しという周りからの目もあるので、はずかしい思いをしないためにもしっかり処理しておきたいですね。

最適な脱毛エステの施術方法と期間や回数

脱毛エステの施術方法と期間や回数

Iライン脱毛をするのなら脱毛エステが最適です。そこで気になるのが脱毛方法ですよね。ここでは脱毛の手順とどのくらいの期間や回数で終わるのかについてまとめました。

脱毛エステでの施術方法

サロンごとに多少の違いはありますが、だいたいが以下のように行われます。ではどのような手順で施術を進めていくのか、簡単に見ていきましょう。

  1. 前日にはシェーバーかカミソリで事前処理を行う
  2. 当日サロンに来店
  3. 専用のショーツに着替える
  4. (サロンごとに違いがある。ないサロンも)脱毛範囲をマーキングする
  5. 脱毛する
  6. 冷やしてから、保湿して完了

生理の場合はキャンセルしなくてはならないので、前日までに連絡を入れましょう。中にはたとえ仕事で脱毛できない場合でもキャンセル料を取られるサロンもあるので注意が必要です。

生理になった時のキャンセル料についての記事

Iラインの脱毛期間や回数

比較的ムダ毛が濃いアンダーヘアの脱毛期間は18ヶ月から50ヶ月、補足として回数にすると6回から15,6回くらいが平均だと言われています。毛質や毛周期・アンダーヘアの濃さには個人差があるのでこれだけの幅ができてしまいますが、もっと多くの回数が必要な方もいますし逆に少ない方もいるのが現状でしょう。

回数制のサロンで契約をするときの目安にしてくださいね。また最初の頃は効果が出ませんが、回数を重ねるごとに毛量が減り細くなってくるので気長に待ちましょう。

どうせなら全身脱毛がおすすめ

全身脱毛すればIライン脱毛もできる

Iライン脱毛もいいですが、せっかく脱毛するのなら全身脱毛がおすすめです。その理由はサロンでの脱毛のそのよさを感じられ、後々全身脱毛したい!と欲が出てくるからです。Iラインだけでなく、わずらわしいワキの処理だからこそきっと脱毛したいと思うはず。はじめから全身を同時に脱毛開始すれば追加契約することなく短期間で安く脱毛できるので非常に便利でしょう。

キレイモでは全身33ヶ所を月額9500円、初めの月0円キャンペーンを行っているのでお得に受けられます。学割で安く受けられるので友人を誘って受けてみては?他のサロンもさまざまなキャンペーンを行っているので各ページでチェックしましょう。

結果をまとめるとIラインは自己処理ではなく脱毛エステのフラッシュ脱毛がいいということがわかりました。ムダ毛の再生を抑えられるうえキレイな肌をキープすることができ、美容効果も抜群です。女性なら美しい性器を保ちましょう。やはり日本人でOラインを施術するのは躊躇しますし検討する必要がありますが、Iラインはツルツルにしたほうがいいですよね。

❤脱毛したい部位別にまとめてみましたっ(´・ω・)❤

The following two tabs change content below.

莉依。(愛猫:「脱毛してない手で触らないで!)

愛猫りおたんの写真です。 女子力を高めるべく、脱毛しまくっています。 趣味・特技は気になった事があれば、それについてのネット情報を読破することです(*_ _)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。