ジンコーポレーションが運営するミュゼが倒産?!(株式会社ミュゼプラチナムへ社名変更しました!)

<2016年2月:最新のミュゼの状態が知りたい方は一番下に追加分を記載しています!>

ミュゼが倒産!?そもそも”株式会社ジンコーポレーション”(=ジン)ってどういう会社!?

ジンコーポレーションはミュゼプラチナムの経営だけでなく、合弁会社「株式会社ミュゼキャリア」という人材派遣会社を設立したりする大きなグループ会社です。

ニュースをみて、”ミュゼ”という脱毛サロンの利用者が解約に走るその実情は!?

まず、2015年10月までは公式ページでこのように表明していました。

引用/ミュゼから、倒産についての説明

とか、こんなツイートも。

みんな自分の残った回数分の心配したりしてますね。特に、全身脱毛のコースを申し込んだ人は返金してもらえるか不安でしょう。

どうしてエステサロンの業界で脱毛サロン最大手なのに経営破たんのうわさが流れているの!?

トリンドルを使ったり広告費のかけ過ぎや、社長である高橋仁が馬を買ったりするから経営が悪化したなど、
いろんな情報が流れていますが・・・

お客様と契約した分のお金を全部前受金として、ジンのメインバンクである常陽銀行をはじめとした銀行陣に処理てもらった為だとか、(本当は簿外債務で計上するのはよくないお金なのに)
今年になって「予約が取れない」というミュゼの口コミせいで評判が一気に悪くなって解約が続いたせいだとか、
そのせいで巨額簿外負債となって経営危機になっているとか、調べれば色々と難しいことが次から次へと書かれていますね。

でも確かなことで一番身近に感じれることは、2015年の6月に株式会社ジンコーポレーションは従業員に対して”夏季賞与”は実質”ボーナス支給見送り”という発表をした事ではないかと思います。

相当資金繰り悪化してるのが分かりますね。

ミュゼが経営破綻した原因って経営者である高橋社長にあり!?

この通り、あんまりインターネット上での噂は良くないようです。

いろんな記事で悪く言われてはいますが、私個人としては、ミュゼプラチナムという脱毛サロンは続いてほしいです。
というのは、私もミュゼプラチナムの脱毛を受けたことのある一人の顧客ですし、その料金の安さは身をもってすごく体感しています。
あれだけのコマーシャル、電車広告などの広告費を費やしてなお、脇脱毛を100円で実施して、(2016年3月現在:最近は脇脱毛+Vライン脱毛で1000円だそうです。そして、そして今ミュゼバザールやってて全身脱毛コースが50%オフ!え!)と、ミュゼが経営破綻になってしまうのは妙に納得がいく話ですけどね。

でもでも、こんだけ料金の安い激安脱毛サロンはもう見つからないかもしれない!

ミュゼより安いエステ脱毛サロンはないかも

ということで、
ミュゼプラチナムの立て直しを一刻も早く祈っています。
ちなみに消費者センターに解約の仕方や返金、クレジットカード事情などについて問い合わせてみました。
興味のある方はこちらのリンクで解約手続きでいる書類などを確認してみてください。

2016年1月更新追加分:

ミュゼはジンコーポレーションではなくなりましたが残されたみたいですね!ε-(´∀`*)ホッ
詳しくは下記:

平成27年12月10日に新会社である株式会社ミュゼプラチナムに美容脱毛事業等を譲渡し、この度、平成27年12月14日付で「株式会社ミュゼプラチナムは株式会社RVHの完全子会社となる最終合意」に至りました。尚、完全子会社化される日は株式交換の効力発生日である、平成28年1月4日となります。

今後は、株式会社RVHグループの一社として本事業の再建を行っていくことで、ミュゼプラチナムのブランド価値の維持・増大を図りつつ、お客様に拡がってしまった信用不安を取り除き、信頼回復に鋭意努めて参ります。

参照先:http://www.jin-co.net/info/news/

名前も、株式会社ミュゼプラチナムへ社名を変更されたんですね!
一件落着落着♪

▼興味がある方は下記urlもどうぞ♪
→★ミュゼの解約で皆が知りたい情報6つ★返金や解約方法について 等

→★ミュゼと同じ高級脱毛機を使用している脱毛ラボは無借金経営です!

❤脱毛したい部位別にまとめてみましたっ(´・ω・)❤

The following two tabs change content below.

脱毛ジェンヌ管理人

脱毛ジェンヌ管理人です。 最近食にこだわりすぎて食費がやばいです。 (体重が自己ベストから4キロ増えました) ❤食も、サイト運営も”上質”にこだわっています。 体もA5ランクになってきたらやばいなと、 最近こっそり着やせ&ダイエット中です・・・(´・ω・)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。