脱毛テープは痛い?脱毛テープのメリットとデメリット、痛みを軽減する方法とは?

手軽にできる自己処理アイテムのひとつ、脱毛テープ。カミソリや除毛クリームで頻繁に自己処理を繰り返すよりも、一瞬痛みがあるだけでまとめてムダ毛を抜くことができます。
また肌への負担が少ないと考えている方もいるのではないでしょうか。

ここで、脱毛テープを使ったムダ毛処理の効果とメリット・デメリット、痛みを軽減する除毛方法について考えてみましょう。

経験者の口コミからチェックする脱毛テープの効果とメリット

カミソリでの処理は毛穴がブツブツと目立つし、毛抜きでムダ毛を1本ずつ抜くのは大変…。そんなとき、脱毛テープならムダ毛を一気に抜きとることができるので、便利ですよね。

「でも、脱毛テープって痛そう…」と心配する方のために、経験者の口コミからその効果とメリット・デメリットについてまとめてみました。

脱毛テープの効果とメリット

脱毛テープ・エピラットでつるすべ肌脱毛テープは貼ってはがすだけで広範囲のムダ毛をスピーディーに脱毛できます。テープによって肌表面の古い角質も取れるので、仕上がりの肌はツルツル。
ワックス脱毛やソイエなど家庭用の脱毛器や、毛抜きなどのムダ毛処理法よりも痛みが少ないので愛用者がいるほどです。

脱毛テープは体毛に合わせ膝下などに使用する大きいサイズと、腕などの産毛に使用する小さいサイズがセットになって販売されています。

またイーモなどの家庭用フラッシュ脱毛器は痛みが少ないものの費用がかかってしまうのが欠点。
人気脱毛テープ商品のひとつ、エピラットはドラッグストアなどで買えば14枚入り900円前後。簡単除毛できるのが魅力でしょう。
これなら高校生や学生の皆さんでもおこづかいの範囲で買えるのではないでしょうか。

ムダ毛を根元から抜くので効果はカミソリや電気シェーバー・除毛剤に比べると持続しやすく、最大で4週間程度。きちんと脱毛できれば、かなりコスパのよいムダ毛処理方法と言えるでしょう。

メリット デメリット
  • スピーディに脱毛できる
  • 他の「抜くだけ」処理よりも痛くない
  • コスパがよい
  • 「剃る」より長持ちする
  • 使うときにコツがいる
  • 凸凹しているところはムダ毛が残ってしまう
  • 肌を傷つけてしまうためトラブルの可能性大

ワックスより痛くない?脱毛テープのデメリット

脱毛テープではすべてのムダ毛が抜けないことも? 脱毛テープのデメリットとして挙げられるのが、はがすときの痛みです。
ただ、痛いといっても粘着力の強い油性ワックス剤に比べれば、痛みははるかに少ないと言えます。ただし、これは逆をいえば、ムダ毛を抜く力も弱いということ。
使い方のコツをつかまないと、ムダ毛がまったく抜けないこともありテープをムダにしてしまったという口コミもあります。

また水性ワックス剤も脱毛テープと同じデメリットがあると言えるでしょう。

フラットな脱毛テープは腕や足といった平面部分に使用するにはよくても、凹凸のあるワキ毛やビキニラインはうまく抜けないという声も。
使用を繰り返しているうちに、埋没毛になったり、毛穴がブツブツして赤みが目立つ毛嚢炎を起こしたりする可能性もありますので、頻繁に使用するのは避け、使用後は保湿を忘れないようにしましょう。

さらに粘着除毛シートで一気にムダ毛を抜く脱毛テープは健康な皮膚の角層まで傷つけてしまう場合もあります。
よって敏感肌の方や顔など特にデリケートなパーツへの使用は炎症を起こしてしまう可能性が高まるでしょう。

ダメージを最小限にするためにも基本的に脱毛テープは手足用と考えるのがベストだと言えます。
特に腕の内側やアンダーヘアの脱毛をするときには注意しながら行ってください。

脱毛テープに似ているけど違う。ワックス脱毛とは?

脱毛テープとワックス脱毛は似ている脱毛テープにもっとも似ている脱毛方法がワックス脱毛です。
無駄毛を粘着剤に密着させてはがすという方法は共通の特徴だと言えるでしょう。
しかしテープのように使用方法や脱毛効果が一定しておらず、使用するワックスの種類によっても脱毛効果が違ってくるので注意してください。

通常ブラジリアンワックス脱毛サロンで使われているのは油性ワックスで、油性ワックスにはオイルワックスと固形ワックスがあります。
固形ワックスはワックスシート不要。クリームワックスがしっかり固まるため毛先2ミリと短めのムダ毛もスムーズに処理できるのが特徴でしょう。ただ松やにが主成分なのでアレルギーが出やすい・使いにくいのが欠点だと言えます。

水性ワックス 油性ワックス
  • シュガータイプやハニータイプがある
  • 1㎝以上のムダ毛の長さが必要
  • アレルギーの心配なし
  • ハードタイプとオイルタイプがある
  • 2~5㎜程度の短いムダ毛にも対応
  • 松やにアレルギーの人は使えない

水性ワックスはシュガーワックスやハニーワックスと言われています。砂糖やはちみつなどの天然成分が主なのでベタベタしますが洗い流せるうえ、肌にやさしいのが魅力でしょう。
中にはヒアルロン酸が配合され、よりやさしく使えるものもあります。さらに砂糖やレモン汁を使って自分で手作りワックス液を使って脱毛する方もいるから驚きですよね。

手作りワックス剤でも立派に脱毛できるうえ、安さも大きな魅力と言えるでしょう。欠点は脱毛テープと同じく痛みがありますが、油性ワックスに比べるとはるかに肌にやさしく使えるのがメリットです。
お肌にやさしい水性ワックス脱毛とテープ脱毛はそれほど効果が変わらないため、どうせ使うのなら便利なテープを選択したほうが賢いと言えますね。

脱毛テープで痛みを最小限に抑えるコツとは?

脱毛テープの正しい使用法 脱毛テープでキレイに脱毛するには、ムダ毛の流れに沿って貼り、毛流れとは反対方向に向かって一気にはがすのがポイントです。この方法を守らないと、痛いのを我慢したのにムダ毛が抜けていない!なんてことも。
またテープをはがすときは上に向かって引っ張るのではなく、肌に沿ってテープを折り返しながらめくる感覚で勢いよくはがすのがコツです。

ブラジリアンワックス脱毛でも行われる方法ですが、ゆっくりはがすと痛みが増す上に、ムダ毛が抜けません。 痛いのが苦手…という方は毛穴が開いているお風呂上がりに使うのがオススメ

脱毛テープはお風呂上がりがベスト

使用前に蒸しタオルなどで肌を温めてから使っているという人も多いようです。寒い時期や場所、毛穴が閉じている状態では痛みが強くなるということも覚えておきたいですね。
使用後、肌がヒリヒリする場合は冷却シートや保冷剤などで冷やすと痛みが軽減できます。

またムダ毛が短いときに使用したところ、脱毛テープがムダ毛をキャッチできず、脱毛しきれなかったという口コミもあるので、カミソリでの自己処理と併用している人はムダ毛が短すぎないかどうか、毛状態をチェックしてから使うとよいしょう。

【脱毛テープの使い方手順】

  1. まずはムダ毛の長さが5㎜以上あるかチェック
  2. お風呂上りや蒸しタオルで毛穴をしっかり開いてから脱毛するのがベスト!
  3. 脱毛するときはテープをめくる要領で一気にはがす
  4. 終了したら保冷剤などで冷やして完了

肌への負担を考えれば、脱毛サロンの方がオススメ

脱毛テープよりサロンのほうがよい

本来、「脱毛」というのは脱毛サロンでの光脱毛やクリニックでのレーザー脱毛のように、施術を繰り返すことで、ムダ毛そのものが少なくなっていくもの。その点を考えると、脱毛テープは除毛効果しかない、という意見もあります。

最近は脱毛サロンでも両ワキの脱毛が100円以下でできるところも増えていますし、痛みも脱毛テープに比べてぐんと抑えられています。

脱毛テープを使用したときの価格

脱毛テープの価格は1回分14枚入りのものが950円程度。上手に使えば、両足と両腕、ワキの脱毛までカバーできるかもしれません。抜けないで残るムダ毛は毛抜きで抜くとしても費用は1回950円かかることになります。

完全にムダ毛が抜ければ最大で4週間はもつ、というのがメーカー側の主張ですが、実際には毛周期がバラバラのむだ毛が生えてくるので、最低でも月に2,3回は使用することになるはず。すると1か月あたり、約2850円になります。けっこうな出費ですよね。
それなら絶対脱毛サロンで通ったほうが実は安上がりなんです。

脱毛サロンのキャンペーンを利用する

脱毛サロンの初回キャンペーンのはしごジェイエステの初回利用者限定プランでは両ワキ12回脱毛(5年間無料保証付き)300円というコースがあります。
ただジェイエステは12回と回数制限があるので、徹底的にワキをツルツルにしたいならミュゼプラチナムがおすすめ。

ミュゼならワキとVライン通い放題+全身から2か所選ぶコースが100円。
ワキとVラインが何度でも通い放題の上、他の部位も選べて100円とどこよりも安い値段で気の済むまで脱毛できちゃいます。

脱毛サロンの利用者の中にはこうした各サロンの「初回利用限定プラン」をはしごしてお得にいろいろなパーツの脱毛をしている人もいます。(詳しくはコチラの記事)
脱毛サロンのはしごはちょっと難しい…という人も、頻繁に脱毛テープを使用しているなら、施術料金の安いワキだけでもサロンでお願いしてみてはいかがでしょうか。セルフケア不要でツルツルボディが手に入りますよ。

ミュゼプラチナム

❤脱毛したい部位別にまとめてみましたっ(´・ω・)❤

The following two tabs change content below.

莉依。(愛猫:「脱毛してない手で触らないで!)

愛猫りおたんの写真です。 女子力を高めるべく、脱毛しまくっています。 趣味・特技は気になった事があれば、それについてのネット情報を読破することです(*_ _)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。