鼻の下の髭で悩む女性へ|原因と対処法、正しい自己処理法

鼻の下のうぶ毛が気になる方への対策

彼氏に「ヒゲが生えている」と指摘され凹んだ・・。
鼻の下のうぶ毛がヒゲ化している、ということはありませんか?

どうして私だけヒゲが濃いの?みんな処理ってどうしてるの?
気がつくといつの間にか濃くなっているヒゲ。
もしかするとホルモンバランスが崩れてしまっているのかも。女性のヒゲが濃くなるのは、ホルモンが深く関係しているんです。

女性のヒゲの原因から、改善法、正しいセルフケアなどをまとめてみました。

なんで女性なのに鼻の下にヒゲが生えるの?

鼻の下にうぶ毛は生えるいろんな理由

女性でも、鼻の下のうぶ毛が濃くなりヒゲが生えることがあります。その原因はホルモンバランスの崩れによるもの。
ヒゲや体毛は、男性ホルモンがコントロールしています。女性の体にも男性ホルモンが存在しているんです。

女性のヒゲは、何らかの理由でホルモンバランスが崩れ男性ホルモンが多くなってしまったと考えられます。 では、ホルモンバランスが崩れる原因を見て行きましょう。

  • 睡眠不足

普段は忙しいから週末に寝だめ。夜寝る直前までスマホやパソコン。これでは睡眠の質も悪くなり、体も十分休息できません。睡眠はホルモンの分泌に欠かせないんです。

  • ストレス

ストレスは、体に様々な影響をもたらします。特にホルモン分泌の指令が出される視床下部は、ストレスからのダメージを受けやすい器官。ストレスをためていると、指令伝達がスムーズに行われなくなります。

  • 偏った食生活

忙しいから食事は外食やコンビニ食ばかり・・。塩分や脂肪分の多い外食は、ホルモン機能にも悪影響。大量に食品添加物が使われているコンビニ食は、毒素が体内にたまり、ホルモンが正常に分泌されるのを妨げてしまいます。

  • 身体の冷え

冷えは万病のもと、と言いますよね。特に女性にとって冷えは大敵です。体の冷えは自律神経の働きや女性ホルモンのバランスを乱してしまいます。

  • 体質

遺伝や体質が原因で、ヒゲが生えるケースもあります。

悩める女性へ|ヒゲの処理方法

女性が鼻の下のうぶ毛を処理する方法

  • カミソリ

メリット
◎コストが安い(1000円以内)
◎手軽に簡単に処理できる
◎広範囲でもスピーディー
デメリット
×即効性はあるが持続性はなし
×反った断面が大きくなるので生えてきた時に目立つ。チクチクする
×肌トラブルを起こしやすい。

  • 毛抜き

メリット
◎コストが安い(1000円以内)
◎カミソリより長持ちする
◎生えてきても目立ったりチクチクすることがない。
デメリット
×一本ずつ抜くの時間や手間がかかる
×抜く時に痛みを生じる
×皮ふの中に毛が埋もれる埋没毛や毛嚢炎を引き起こすことがある

  • 家庭用脱毛機

メリット
◎皮膚へのダメージが少なく美肌になれる
◎繰り返すたびに生えてこなくなる
◎脱毛サロンやクリニックに比べると低コスト
デメリット
×脱毛サロンやクリニックに比べると出力が弱いのでまた生えてくる可能性がある
×コンスタントに繰り返し処理しなければいけないので手間がかかる
×脱毛サロンやクリニックに比べると完了までに時間がかかる

  • 脱毛サロンやクリニックに通う

メリット
◎皮膚へのダメージが少なく美肌になれる
◎半永久的な効果が期待できる
◎自分では難しい箇所も可能
デメリット
×コストかかる
×定期的に通う必要がある
×家庭用脱毛機や脱毛サロンに比べるとクリニックの脱毛は痛い

必見!ヒゲを薄くする方法

  • 適度な運動適度な運動が女性のヒゲを薄くする

自律神経を整えホルモンバランスを正常にするには、運動が有効です。
ウォーキングなどの下半身を動かす運動は、血行が促進され筋力アップにもつながります。
デスクワークや家事で同じ姿勢を続けていることが多い人は、血行が滞りホルモンバランスが崩れやすくなっています。 ストレッチは血行をよくして体を温め、リラックスさせる効果があり、ホルモンの分泌もよくなります。
毎日夜寝る前にストレッチを行えば、副交感神経にスイッチが入り自律神経も整えられます。

【寝る前のおススメストレッチ】
人の骨盤は朝閉じて夜開きます。寝る前に骨盤を開く体操で、骨盤の動きをスムーズに。
骨盤があるべき位置に収まると、ホルモンの分泌も整えられます。 床に仰向けに寝て、足の裏を合わせひざをできるだけ開きます。
手は頭の上に自然に置きます。 骨盤が開いていくのを意識しながら自然な呼吸でしばらくその姿勢をキープしましょう。

  • バランスの良い食事

ホルモンバランスを整えるには、食事が効果的です。ダイエットだからと低カロリーの食品ばかり食べていると、栄養不足になってホルモンバランスも崩れやすくなります。
ホルモンの材料であるタンパク質、合成に必要なミネラルとビタミンなどを意識して摂りましょう。

男性ホルモンが優位になってしまわないように、女性ホルモンアップの食品を紹介します。

大豆製品(納豆、豆腐など):大豆に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをします。タンパク質も食物繊維も豊富なので、普段のおかずに取り入れて毎日食べるようにしましょう。

海藻(ひじき、ワカメなど):海藻はホルモンバランスを整える食品のひとつです。たっぷりのミネラルで、ホルモンの生成を活性化します。ひじきは鉄分も豊富なので、女性なら積極的に摂りたい食品です。

キャベツ:キャベツには女性ホルモンの分泌を促すグレコシノレートが含まれています。牡蠣やレバーに多く含まれる亜鉛と一緒に食べると吸収率がアップします。また、女性ホルモンを活性化するミネラル「ボロン」も含まれています。

アーモンド:タンパク質やビタミン、ミネラルが豊富で、女性ホルモンを増やすのに必要な栄養素が豊富なアーモンド。普段から携帯して、間食代わりに毎日取り入れましょう。

 

  • 質の良い睡眠質のいい睡眠がヒゲを薄くする

睡眠は自律神経を整え、ホルモンバランスを正常にする役割があります。質のいい眠りのためには以下の3つのことに気をつけましょう。

○夕方以降のカフェイン摂取を控える
家事や仕事の合間につい飲んでしまうコーヒーやお茶。集中力を高めてくれるカフェインですが、その効果は4~5時間は作用します。
カフェインはコーヒーの他にも、紅茶、コーラなど多くの飲み物に含まれています。夕方以降はハーブティーや白湯などノンカフェインの飲み物を。

○午前中の光を浴びる
人の体には体内時計があり、朝太陽の光が目に入った瞬間にスイッチが入り、約13時間後に眠りが訪れるようになっています。
また、午前中の光を浴びるようにすると、夜に眠りホルモンが分泌されやすくなり快眠に導いてくれます。

○夜のスマホやPCの使用を控える
体内時計を調整津するスイッチは、目から入る光です。スマホやPCからの強力な光は、交感神経にスイッチが入り体が昼間モードになってしまいます。
寝る前にスマホやPCを見ていると、眠りが浅く、短くなってしまいます。寝る1~2時間前にはスマホやPCは切るようにしましょう。

 

  • ストレス発散

ストレスがない人はいない、というほど今の世の中はストレス社会ですよね。溜め過ぎないようにこまめにガス抜きするようにしましょう。
笑うことは免疫力がアップして、それに連動するホルモンバランスにもいい影響が。好きなお笑い番組を見るのもいいですし、作り笑いでも十分効果があるので、鏡を見ながらニッコリ笑う習慣を。
また、泣くこともストレス発散になります。悲しい映画やドラマを見て思い切り泣いて、マイナス思考を洗い流しましょう。

カミソリでの正しい自己処理法

カミソリで正しい自己処理方法の手順

①洗顔後のきれいな肌で行う
カミソリを使う時は洗顔後がベストです。肌が湿って柔らかくなっており、毛穴の深くまできれいに剃ることができます。

②清潔なカミソリを使う
カミソリは清潔なものを使いましょう。古いものや雑菌がはびこった不潔なものは、カミソリ負けの原因になります。 また、カミソリは定期的に変えるようにしましょう。剃りにくくなったと思ったら変え時です。

③シェービングクリームを使って優しく剃る
シェービングクリームでやさしく剃っていきます。から剃りは肌を傷めつけるので厳禁です。
シェービングクリームは肌とカミソリとの摩擦を抑え肌への刺激を最小限にする役割があります。 また、毛の流れに逆らって剃ると深剃りできる、という人がいますが、逆剃りは肌を傷めつけるのでNGです。

④アフターケアでしっかり保湿
剃り終わった後の肌は乾燥しやすくちょっとした刺激にも敏感です。しっかり保湿して肌トラブルを防ぎましょう。抑毛ローションを使うと効果的です。

まとめ|悩みすぎもよくない

鼻下の毛で悩みすぎは逆効果女性なのにヒゲが生えていると、鏡を見るたびブルーになってしまいますよね。でも、悩み過ぎると返ってそれがストレスとなり、ホルモンバランスが崩れてしまっては本末転倒です。
生活習慣を変え、自己処理して抑毛ローションを使っても一向に効果がない・・。そんな時は脱毛サロンを検討してみるのもいいかも。

プロの手に任せると安心ですし、確実にキレイになれます。心配なコスト面も、鼻の下だけならそれほど高額ではないはず。
思い切って無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

ディオーネは鼻下脱毛に最適

❤脱毛したい部位別にまとめてみましたっ(´・ω・)❤

The following two tabs change content below.

小島

脱毛ジェンヌのライターをしてます、小島と言います。脱毛サロン選びに失敗した過去があり、それからと言うものの何かを決めるときには大量に情報収集して、仕入れた情報も一度は疑います(笑)こんな私だからこそ、自分が勧めるものには自信持ってます。よろしくお願いします(^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。